プロローグ

 2018年9月16日(日)日本拳法総合選手権大会が、大阪で開催されました。
 前日の土曜日に「岸和田だんじり」を見て、その熱狂ぶりに感情移入し、祭り全体と一体化できた私は、当然、この日も又、この祭りの醸し出すいかにも日本人的な雰囲気に浸るため、汗水流して自転車をこいで行くという「自分なりの祭り」をする予定でした。


 車の上で飛び跳ねる大工方や、数百人の綱を引く若者、そして、その後ろを一緒になって走ってついて行く、各町内会の子供や両親たち。日本拳法をやっていたからこそ、あのクレージーともいえるほどの熱狂を、観客として傍観しながらも心から一体化することができる。
 自分たち町内会で、祭りの日程や規模や人員やコース、道路警備や、その他諸々を決め、実行する。「だんじりはだんじりの翌日から始まる」と言われるように、祭りが終わった翌朝、町内会全員で道路のゴミ掃除、沿道住民へのお礼回りをする。来年のための準備が始まっている。その一年間の地道な苦労が、この2日間の祭りで爆発するのです。

 山車(だし)と言い、京都の祇園祭や青森のねぶたのような、市役所や警察の管理下に置かれ、完全に観光客相手の見世物となってしまった祭りと違います。

 山車の上に「○○警察署長許可」なんて不粋な表札も無ければ、踊り手たちが市長や警察署長が鎮座まします前でペコペコする、なんてこともない。

 あくまで、俺たち・私たちが、自分たちのために、この一年のあるいは何百年も続く地元の心意気を、一人一人が自分に向けて発散させる場としての祭りなのです。
 なにしろ、数トンもある山車を数百人の子供や若者たちが、全速力で引っ張り、90度の角度がある曲がり角を一気に旋回する。その時の激しい音と歓声と気合い。車輪の鉄が道路の石とこすれて焼け焦げる匂い。一人一人の引き手が「自分と戦う」姿は、リアリティそのもの。日本拳法という「自分との戦い」を体験した者だからこそ共感できる、熱気・気迫です。

 曲り角の家や電柱に激突する危険を、ギリギリのところで押さえながら、なるべくスピードを落とさずに、数百人の心を一致させることで、いかにも日本人らしい心のチームワークで、見事旋回する。
 山車の一番前の綱を引く小・中学生、次に高校生、そして若衆と続く。山車の一番後ろを赤ん坊を抱いて追いかけるお母さんや子供・年寄りたち。道路で警護をする若衆、数十の山車の運行状況を把握しながら無線で連絡を取り合う世話役の年寄り衆。
 その地区の住人全員が協力して、「だんじり」という、一つの芸術作品を作り上げる姿は、どんな絵や映画や交響楽よりも迫力がある。一人一人が、それぞれの個性・力を発揮して山車の走行に関わりながら、全体として一つの大きな絵に、彫刻に、音楽になっていく。
 まさに、毎年、私たちに「日本人の素晴らしさ」を思い起こさせてくれる、あの「登美丘高校のダンス」を思わせる「日本人的芸術の頂点」を見る思いです。

 日本人の日本人による日本人のための「祭り」というようりも、このだんじり期間中はだんじり全体が「岸和田市の政治」になっているといえるでしょう。

 この日ばかりは、偽名で生きる「顔なし」の在日も、大きな鼻をした毛唐もいない、完全に日本人と日本の神だけが触れ合う場としての「祭り」なのです。

 


で、ここまで感激しただんじりですから、当然、日曜日も行こうと思っていました。
ところが、東京のある大学の日本拳法部のブログで、16日の日本拳法総合選手権大会のことを知りました。
正直なところ、いまの大学日本拳法というのは私が大学生の頃やっていたのとは違う、という感覚を、何となく持ち続けてきました。
しかし、せっかく大阪に住んでいるのだから・・・という気持ちと葛藤し、結局、14時まで日本拳法総合選手権を見て、それから南海電車で岸和田へ、という折衷案にしました。


 

西成から大阪市中央体育館へ

 宮本武蔵の本を書くからには、
 「エアコンが効いた書斎で、庭の緑を眺、妻が淹れたコーヒーを飲みながら、なんていう環境では駄目だ。もっと、危険で汚くて臭くて不愉快な環境でなければ、武蔵の真剣勝負の心にはなれない」なんて言って、4月から住み始めた大阪は西成区あいりん地区。


 朝、窓を開ければ、道路脇の立ち小便から立ち上る、あの饐えた匂いが流れ込んでくる。 窓の下では、朝の3時頃頃から飲み始めて7時にはすでに酔い潰れ、道路に寝ているおっさんたち。ケンカ・口論、大声での議論や罵声は毎日のこと。
 早々と5月には、出刃包丁を振りかざす隣の部屋の住人に私自身が追い回され、包丁の切っ先を目の前にして、「お前、これじゃまるでインディ・ジョーンズじゃないか」なんてもう一人の自分(Stand)に言われ、恐怖よりもあきれている始末。

 そんなあいりん地区を10時半に自転車で出発。
 大阪や堺というのは、たくさんの運河があるベニスのような街です。
 秋らしい、すがすがしい光と涼しい風のなか、自転車をこぐ足も軽やかに、いくつかの大きな橋を越えれば、予定の半分の30分で会場に到着。


 さすが大阪。会場の中は選手も観客の数も関東の大会に比べてずっと多い。

 私の学生時代の日本拳法の大会とは、6月の関東リーグ戦、9月の新人戦、10月の東日本、そして12月の全日本の4つだけ。個人戦の全日本の会場は毎年後楽園ホールと決まっていましたが、それ以外の3つの団体戦は、コートが2面程度取れる程度の体育館でした。

 ここ大阪の日本拳法総合選手権大会とは、小・中・高・大までの選手、また一般社会人や自衛隊員も参加する個人戦ということで、選手のお父さんやお母さん、友人知人という関係の人々が観客席を埋めています。大阪(関西)における日本拳法というのは、柔道や剣道のように、社会的に広まって(認知されて)いるのだな、と実感しました。


 私が大学生の頃など、日曜日の朝、大会へ行くために防具や道着の入った荷物を抱えていく学ラン姿の私を見て、やはりバレーボールの試合で早起きしていた中学生の妹が「お兄ちゃん、学ランなんか着て何やってんの ?」と聞く。
 母がしかめっ面をして「これだよ」と、カンガルーのボクシングのような真似をする。
 すると妹が「やだー、大学生にもなってまだ殴り合いなんかしてんの。バカみたい」なんて言う。
 すると母も「ほんとだよ、いい歳して。18歳になったんだから、人にケガなんかさせるんじゃないよ」なんて仏頂面で私を送り出す。
 その程度の(拳法というものに対する)理解でした。

 中学時代のワルガキ仲間でさえ、駅前で会うと「何だ、おまえまだ高校生やってんのか。ダブったの ?」なんて言われる。「うるさい。確かにダブったけど、大学生だよ」なんて答える。
 すると、「大学生にもなって、なんで学ランなんか着てるの ?」と聞くので、「これだよ」と、首にある日本拳法部のバッジを指さすと、やはり「おまえも飽きねえなー。まだ殴り合いやってんの ?」なんてバカにしたように言う。
 当時、「不良たちの正しい人生進路」というのは、「暴走族からサーフィン」でしたから、私は族にも入らずサーフィンなんかもしませんでしたので、完全にその流れからさえも外れた「はぐれ者」だったのです。

 しかしながら、当時の私としては「ただ、ぶん殴る」「ケンカは勝てばいい」というストリート・ファイトにはない、整合性のある戦い・規律ある闘争・道としてのケンカというものを日本拳法に感じていて、「拳法を行う私」をバカにする人に対して、引け目や劣等感というものを感じることはありませんでした。

 ただし、就職活動では、履歴書や入社書類には「体育会日本拳法部」と書きました。 

 しかし入社してからは、会社の人やお客さんから「学生時代なにやってたんですか」なんて聞かれると、必ず「水泳です」と答えていました。高校時代は水泳部だったので、嘘ではない。
たまに「水泳は大学時代?」なんて突っ込まれると、「いやー、大学の時は、まあ、別なことやってたんですけど・・・」なんてごまかしていました。
 当時の私の判断では「柔道とか合気道は社会的に認められているが、拳法や空手というのはそうではない。何でも暴力で解決しようとする乱暴者、というイメージが強い」というものだったのです。
 しかし、今こそ私は胸を張り「大学日本拳法の功徳・存在意義・必然性」を説くことができる。
 「36番の拳法」が、それを教えてくれたのです。


 40年前、「日本拳法・日拳」といって、その言葉を知っている人は関東では皆無であり、現在も、それほど多くはないでしょう。
 それが大阪(関西)では、親子揃って大会に参加している。子供から大人まで、老若男女全員が場の雰囲気に一体化している。若いお母さんが「前へ出ろ」とか「一本返せ」なんて、観客席からコートで戦う自分の息子や娘に聞こえるくらい大きな声で叫んでいる。
 まさに「だんじり祭」の雰囲気です。

 この大会における会場では、コート(試合場)が9つもある。
 今回、私はたまたま空いていたCコートの正面に位置する観客席に座ったので、Aコートは多少見えるが、BとDコートはほとんど見えない、という状況でした。
 聖徳太子じゃあるまいし、9つも一度に見れるわけがない。しかも歳のせいか会場の暗さの為か、真正面にあるCコートの選手の背番号ですら、よく見えないしアナウンスもうまく聞き取れない。


 と、そんな状況下での観戦記です。